色々なペニスの測り方

自分のペニスを測る代表的な方法は、医学に基づいた方法と実用的な方法の2つがあります。

 

○医学的計測法

まっすぐ立ち、勃起したペニスを床と水平にして、ペニスの上側の根本から先端まで測ります。
定規の片側は恥骨に強く押しつけます。

 

皮下脂肪が多い肥満体の人は脂肪の中にペニスが埋没しているので、その分も測定する為に恥骨部分から測っています。
この方法は泌尿器科などで使われていて、ペニスそのものの長さを測って医学的に問題がないか調べられます。

 

○実用的計測法

この「実用」とはセックスで有効な部分の事です。
一般的な測定法で、個人で測る場合は大体こちらを使います。

 

医学的にペニスを調べる時とは違い、セックスでは見た目の長さが全てです。
脂肪に埋まっている分を測ってもセックスで有効でなければ意味が無いからです。

 

基本的には医学的計測法と同じですが、ペニスの上部に当てる定規の片側は恥骨に押しつけず、下腹部に軽く当てるだけです。
この場合は太っている人は実際のペニスの長さより短く測定されますが、膣に挿入する長さを測るには十分な測定法です。

 

○太さについて

ペニスのサイズは長さだけではなく太さも大事です。
太さはメジャーを使い、なるべくペニスにフィットさせて測ります。

 

ペニスの円周は胴回りにメジャーを巻いて測ります。
竿の1番太い部分を測る方法と、ペニスのちょうど真ん中を測る方法があります。

 

ペニスの直径はペニスの胴部分の直径を測ります。
定規でも測れますが、視線がズレて少し細めの測定結果になります。
やはりメジャーでフィットさせた方が正確に測れます。

 

色々なペニスの測り方

 

ペニスの亀頭の直径は亀頭の1番太い所の直径を測ります。
正式にペニスのサイズを測る時、亀頭の長さはあまり重視されません。
しかしセックスでの満足感には亀頭の大きさが重要なので、個人的に測る人もたくさん居ます。