短小コンプレックスの多くは思い込み

短小など、ペニスにコンプレックスを持っている男性は年々増え続け、現在4000万人と言われています。

 

2007年6月、イギリスの泌尿器科医協会が発行した機関誌の論文に、短小コンプレックスに関する調査が載っています。
その中の自分のペニスのサイズに関する意識調査では、標準以上と答えた割合が22%、標準サイズと答えた割合が66%です。
全体の88%が少なくとも標準以下ではないと思っている事が分かります。

 

短小コンプレックスの多くは思い込み

 

しかし、自分のペニスのサイズに満足している人は55%でした。
90%近くが自分のペニスは標準並みかそれ以上と思っていながら、そのうち30%強がサイズに満足していないのです。
何かのきっかけで自分は短小だと思い込んでいる人が多いからです。

 

この論文によると自分のペニスを短小だと思っている人の37%が、AV男優などと比較して短小と感じたそうです。
残りの63%も子供の頃に友達とペニスを見せ合って自分の方が小さかったなどの理由で、成人になっても短小と思い込んでいます。
男性は1度でも他人と比較して自分の方が小さいと思うと、その後もずっと短小コンプレックスを抱いてしまうのです。

 

成人になると子供の頃の様に実際見せ合って比べる機会がなかなか無く、コンプレックスは解消されません。
その上、ペニスの大きいAV男優と比べる機会は減らないので、余計に短小コンプレックス人口は増え続けます。

 

成人後に実際誰かとペニスのサイズを比べ、自分の方が小さくて短小だと自覚している人は全体の1%にも満たないのです。
多くの人は思い込みで短小コンプレックスを抱えています。