ペニスは男のシンボル

短小はペニスが小さかったり細かったりする事です。
男のシンボルとも言えるペニスが短小だと、自信喪失して深く悩んでしまいます。

 

ペニスは男のシンボル

 

短小は男性のペニスコンプレックスの中で常に上位で、3人に1人が悩んでいると言われています。
短小改善の為のサプリ、クリーム、器具などがたくさん売られています。

 

しかし自分は短小だと思い込んでいるだけの人も少なくないです。
短小の基準は主観的なものが多く、明確なものはありませんが、一般論としての基準はいくつかあります。

 

○マイクロペニス

身長や体重に個人差がある様にペニスのサイズにも大小があります。
これは個人差の範囲で異常や病気ではありません。

 

しかしマイクロペニスは一般的に言う短小とは違い、性機能の疾患である病気です。
平常時はもちろん、勃起時も極端にペニスが小さい状態という点は短小と一緒ですが、こちらは医学的な治療が必要です。

 

ペニスは男のシンボル

 

年齢別に一定の基準があり、これ以下がマイクロペニスです。
0〜5か月は19mm、1〜2歳は25mm、4〜5歳は36mm、8歳から11歳は38mm、成人は94mm。
ただ、これは米国基準なので、元々短小気味な日本人は勃起時5cm以下をマイクロペニスと呼びます。

 

○日本人の平均サイズ

短小を定義する時に1番多く基準として使われるのが日本人の平均サイズです。
ただ、平均値はブレが大きく、勃起時の平均は15cmな事もあれば、12cmな事もあります。
勃起時は約12cmから15cm、平常時は8cm前後が日本人の平均サイズとされています。

 

○膣の長さ

日本人の平均サイズ以下でも、セックスで女性を満足させられないほど短小とは言い切れません。
平均サイズ以下でも、女性の体に合っていればセックスには問題ありません。

 

その為、短小かどうか判断する時に膣の長さを使う事もあります。
膣の長さも個人差がありますが、最奥部までは約7cmから10cmです。
勃起時に10cmあれば十分女性を満足させられます。

 

○コンプレックス

男性の3人に1人はペニスのコンプレックスを持っていますが、例えば30人のうち3人が短小かと言うと、そう単純ではありません。
実際は平均サイズなのに短小だと思い込んでいる人も珍しくないからです。
平均体重なのに太ってると思い込んでダイエットする女性と同じです。

 

特にペニスは場所が場所だけに、データ上でも自分のサイズを第三者に教えるのに抵抗がある人も居ます。
実際の短小の割合を正確に調べるのはとても難しいです。

 

しかし、今まで世界中のペニスの研究でサイズを測定した様々なデータがあります。
日本を中心に見ると、日本人の平均サイズの12cmから15cm以下の割合は数%から20%です。
ただ、第三者が測った数値だけではなく自己申告も含まれているので、実際は日本人の平均サイズ以下の割合はもっと多いと予想出来ます。